読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
~これでも仕事用です~

孤独な天才

f:id:gumiyoshinobu:20150729140719j:image

今回は立体画家の芳賀一洋さんのことを書こうと思うのですが、芳賀さんの実像をご存知の方からすれば、タイトルの「孤独」という言葉に違和感をおぼえるかもしれません。

なるほど、芳賀さんほど気さくな人もいない。偉ぶったところが一切なく、とくに酔っ払った時など、大先生でも巨匠でもなく、ただの「おっちゃん」にすら、なる。
もし芳賀さんがアーティストでも何でもなかったら、ワタシも額面通りに受け取ったに違いないのですが、作品を目の当たりにすると、とてもじゃないけどそんなことはいえなくなってしまうのです。

ここからは完全に私見です。
芳賀さんはジオラマ、という言葉を使わず、「立体画家」という肩書きを使用されています。そう、芳賀さんの作ってるものは、ジオラマなんかじゃない。
あれは芳賀一洋という作家の人生観であり死生観なんです。
いみじくも芳賀さん自身、上手く作るだけなら他にいくらでもいるよ、と言っていましたが、しかし実際芳賀さんの作品はテクニック的にも凄い。だからどうしてもテクニック中心に見られてしまう可能性がある。
でもね、芳賀さんの作品で凄いのはテクニックじゃない。もちろんテクニックも凄いけど、それは作品を成立させるための手段であって目的じゃないわけで。
本当に芳賀さんが凄いのは、その世界観です。
世界観とひと口にいっても、ウケ狙いとかね、そういうのとは真逆で、こうやったらウケる、とかは微塵もありません。
ただただ、芳賀一洋という人の持ってる感性だけが作品に焼き付けられているのです。
いわば人生観や死生観を作品に転写している、といっていい。
だから作品を見ると、その世界観に圧倒されながらも、独特の孤独な感覚を感じ取らずにはおれないのです。

しかしこれが難しいところというか奥深いところでして、どうしても孤独というとネガティヴな言葉にとられがちなのですが、見ようによっては孤独を楽しんでるようにも見える。
優れたアートは、作者の強烈な個性の上に成り立っているのですが、けして押し付けにはなってないんです。見る人の深層心理とかで多面的に見える。いわば作品が見る人の心の鏡になる。これを満たしてこそ、初めて優れたアートといえると思うわけでね。
芳賀さんの作品は全部満たしている。強烈な個性を持ちながら、心の鏡としての機能もある。
テクニックは努力次第で身につくかもしれない。しかし優れたアートとしての条件が満たせるものが作れるのは、もうこれは才能なんです。
何かの雑誌で芳賀さんの若い頃のことを読んだことがありますし、芳賀さん自身からも伺ったこともある。
でも流転を重ねながら、アーティストになったのは、大仰ですが宿命といっていいと思うのです。この人がアーティストにならなかったら誰がアーティストになるんだ、くらいで。
それは芳賀さん本人といくら話してもわからない。でも作品を見れば一発でわかる。

たぶん芳賀さん本人にしてみれば「孤独」という言葉ではなく「天才」という言葉に引っかかりをおぼえると思う。天才、なんて言葉を使おうものなら、いやぁそういうんじゃないよ、とテレて否定されるに決まってる。
でも、天才か鬼才か、そこはどうでもいいのです。少なくとも芳賀さんは、単なるアーティストでは持ってない、優れたアーティストしか持ち合わせないものを持っておられる。そこだけは否定できないと思う。
もしかしたら他に適当な言葉があるのかもしれませんが、ワタシの貧困なヴォキャブラリーでは他に言葉が思いつきません。
だから、やっぱり、こう言わさせていただきます。
芳賀一洋さんは天才だ、と。
広告を非表示にする