~これでも仕事用です~

それならさかつうギャラリーに行けば解決する

f:id:gumiyoshinobu:20150902140915j:image

今年の2月、東京の巣鴨にある「さかつうギャラリー」さんで、ワタシどもの作品「Gumi-chan1961」の展示をさせていただきました。
巣鴨といえば刺抜き地蔵をはじめとする「おばあちゃんの原宿」のイメージが強いのですが、そっちの方向じゃない。駅を降りて川沿いにまっすぐ進むと、小さいビルの一階に、その店舗があります。

とあることがきっかけで、ここの坂本さんと懇意にさせてもらうことになったのですが、いやぁ、本当にこれは大きなきっかけでした。
最初、ワタシたちGumi-chanProjectは大阪を中心に活動しておったのですが、その後関東に拠点を移したものの、単に品揃えがいいだけじゃない、知識を持った店員さんがいる店を探すのに本当に苦労しました。
人形に関してはアカオカズミが専門なのですが、ジオラマはワタシが主になってやってるとはいえ専門じゃない。だから詳しい人、頼れる人がいないと簡単に行き詰まってしまうんですね。
こういう時ホームセンターの類はまったく頼りにならないのですが、やはり餅は餅屋、専門の個人商店は知識がある人も多い。
でも、ここに落とし穴っつーか、ワタシのような人見知りがちの人間には壁もあるわけで。

ワタシが小中学生の頃、近所に神戸でちょっと知られた、有名な模型屋がありました。とにかく品揃えが半端じゃなかったし、当時流行りの「機動戦士ガンダム」のプラモデルも、他店と比べて一番入荷頻度が高かった。
ただし、店員の兄ちゃんやらおっちゃんがね、揃いも揃ってみんな無愛想。はっきりいえばコワイわけですよ。だから積極的に話しかけたことは一度もありませんでした。
実はこの店舗、現存しません(別形態で営業はしている)。ワタシがグミちゃんをやり始めて、2年ほど経った頃には純粋な模型屋としては閉店していた。
ただ大人になってから一度だけ、今考えたら閉店する一年か半年ほど前かな、行ったことがあって。もうグミちゃんはやってたんで、たぶん何かの材料を見に行ったんだと思う。
店内に入ると、居た。だいぶトシをとったとはいえ、子供の頃のワタシに強烈な恐怖心を植え付けた、あの兄ちゃん。とはいえもうこっちもオトナだからね、さすがに怖がりはしない。で、軽く質問してみたわけなんです。
そしたら驚いた。いや、やっぱり無愛想は無愛想で、浪速の商人みたいな接客はしない。でも今までのどの店舗のどの店員さんより細かく丁寧に教えてくれる。当然知識も半端ない。
ああ、この人、こういう人だったんだって。
ま、さすがに遅いわな。気づくのがさ。

大幅にズレましたが話を戻します。
ワタシが知ってる限り、模型屋さんって、どうも、無愛想なところが多いような気がしてるんだけど、さかつうギャラリーの坂本さんを指して「無愛想」なんていう人は絶対いないでしょうね。一見話好きの品の良いおじ・・ゲフンゲフン!もといお兄さんだから。
坂本さん本人はいまだに苦手とおっしゃってますが、もうテレビとかにバンバン出てるからね。いい意味で場慣れしてるし、浮ついたところなんか微塵もない。
んで、ここからが重要なんだけど、本気でジオラマ界の発展を考えておられる。だから頼りになるんです。
もちろんね、あんな材料ないかな、いや、さかつうさんに行けばあるよ!これも正解です。だって本当に大抵はあるから。
それよりも、こういうことやりたいんだけど何か方法ないのかな、とか、これ道義的にやっていいのかな、とかね、そういう本当に困った時は、もうつい頼っちゃう。
こんな相談受けても時間取られるだけですよ。なのに本当にちゃんと相談に乗ってくださる。
だから、タイトルの通りなんです。

あ、こんなこと書いたら怒られるかな。なんか相談ばっかりで全然商品買ってくれないお客さんが増えるじゃないですか!って。
いやいや大丈夫ですよ坂本さん。そこまでワタシには影響力はありません。いや、もしあるのだとしたら一番にさかつうさんに還元しなきゃいけないんだから。
広告を非表示にする