~これでも仕事用です~

やっぱり「コマソン」ネ

f:id:gumiyoshinobu:20151202142429j:image

そういやコマーシャルソング略して「コマソン」なんて言わなくなりましたね。あと趣旨から完全にズレるけど、一時期コマーシャルを「CF」なんて気取った言い方が流行った時もあったな。コマーシャルフィルムのことらしいけど、今はCFなんていうとコンパクトフラッシュだもんな。ま、コンパクトフラッシュ自体も一部の高級一眼デジカメくらいしか使われなくなったけど。

本題に入ります。
本ブログに何度も名前が登場している中村メイコは、本邦初ならぬ本邦第二弾をいくつか経験している人でもあります。
たとえば、本邦初のテレビドラマは戦前NHKが試験放送をしていた頃に制作された「夕餉前」(1940年)ということですが、第二弾が同年に放送された「謡と代用品」で、これは子役時代の中村メイコが主演だったようです。ただしこれは生放送であり、当然フィルムは残っていませんが。

もうひとつ、これは諸説あるのでよくわからないのですが、本邦初か本邦第二弾かのコマーシャルソングである「やっぱり森永ネ」を歌ったのも中村メイコです。
当時の中村メイコはすでにオトナなのですが、このコマソンでは完全に子供声で歌っている。子役上がりで子供の可愛さを熟知した中村メイコだけに、実に自然で、ほのぼのを超えた桃源郷感さえあります。

「やっぱり森永ネ」の作詞作曲は三木鶏郎。この人がテレビジョン黎明期に果たした役割はあまりにも大きいのですが、とくにコマソンに関してはおびただしい数を作っており、「トリロー・コレクション 三木鶏郎集大成CD」などに「ほんの一部」が収録されています。
三木鶏郎の作るメロディーは独特の「アク」があって、病みつきになる魅力がある。三木鶏郎は弟子と呼べる人がいっぱいいて、弟子の中にはコマソンを作る人もいたけど、本家といえるトリローサウンドのアクはずば抜けています。もちろんそのアクが好き嫌いの原因であるんだけど、ワタシは好きですね。

三木鶏郎はコマソン界のコンポーザー側の巨人ですが、シンガー側の巨人といえば、何といっても楠トシエになるはずです。
この人もまた、おびただしい数のコマソンを歌っており、近年彼女のコマソンやノベルティソングをまとめた「元祖コマソンの女王 楠トシエ大全」なんてCDが出たほどです。このCDも先の三木鶏郎のCDと同じく「ほんの一部」なのですがね。

楠トシエはどちらかというとクセの強い歌い方なんだけど、明るく健康的で嫌味がない。だからコマーシャルで流すにはピッタリで、コマーシャルで使うんだから健康的で嫌味がないってのは必須条件なんだけど、人々の印象に残すことが使命であるコマソン(つかアドバタイズメント全般にいえることだけど)には「クセ」や「アク」もまた絶対必要なのです。

もちろんおびただしい数のコマソンを「作った」三木鶏郎と「歌った」楠トシエのコンビも膨大にある。そもそも楠トシエはトリローグループにいたこともあるんだからコンビを組んでないわけがないのですが。
中でも代表的なのが、今は無き船橋ヘルスセンターのコマソン「長生きチョンパ」でしょう。
ワタシは関西出身なので馴染みはないのですが、今聴いてもこの独特のアクはクセになります。

さて、「Gumi-chan1961」の舞台である1961年のヒット曲といえば、何といっても坂本九が歌った「上を向いて歩こう」でしょう。もしくは植木等の「スーダラ節」か。
もちろんこれらの曲が、本当に当時の人々に親しまれていたことを疑うわけではありません。商店街のスピーカーからは「上を向いて歩こう」が流れていただろうし、飲み屋では酔っ払ったサラリーマンが「スーダラ節」を口ずさむ、なんてこともあったに違いない。

しかし「Gumi-chan1961」の主人公であるグミちゃんは小学一年生という設定です。当時の小学生にとってもっとも身近な娯楽といえばテレビです。
「スーダラ節」が歌われた「シャボン玉ホリデー」や「上を向いて歩こう」が歌われた「夢で逢いましょう」は週一回。他歌番組等で歌われていたとしても、せいぜい週に5回もなかったはずです。
でもトリローサウンドや楠トシエの歌声は、テレビさえつけていれば延々流れてきた。
となると強烈に残るのは、やはりコマソンの方だと思うわけでね。

作者のアカオカズミの実体験と「Gumi-chan1961」に6年のタイムラグがあるというのは以前書きました。
実際のアカオカズミが6歳の頃=1967年のコマソンを、当時の流行歌を押し退けて、アカオカズミはよく憶えている。
耳にする量がハンパではないから下手な流行歌よりよほど印象が強く、あまり回顧されることもないため後年の記憶ともゴッチャになりづらい。それがコマソンです。つまりこれほど時代に寄り添った、時代の空気を作りあげたモノはそうそうないんじゃないかと、ね。
広告を非表示にする