読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
~これでも仕事用です~

笠置シズ子も、偲べない

戦前モダニズム
f:id:gumiyoshinobu:20151205135658j:image

笠置シズ子のことはハンドルネームでやってるブログにいっぱい書いたので、個人的には今更感があるのですが、戦前モダニズムを語るとなるとどうしても笠置シズ子の名前は外せないわけで。

東京の松竹歌劇のスタァがタアキイだとするなら、大阪の松竹歌劇のスタァは笠置シズ子、と言いたいところですが、実は違う。笠置シズ子の場合、戦後に名前が大きくなったので、どうしてもそう捉えられがちですが。
大阪の松竹歌劇(何度か改名しているけど、面倒だからこの名称で通します)は東京の松竹歌劇よりもずっと歴史が古く、1922年からルーツを辿ることができます。

笠置シズ子が入団したのは1927年ということですが、この頃大阪松竹歌劇のスタァは飛鳥明子という人で、ワタシもどんな人かよく知らない。1934年に桃色争議の余波で退団し、1937年に早逝されています。
偶然でしょうが、飛鳥明子が退団した1934年、笠置シズ子は当時の芸名である三笠静子名義で「恋のステップ」という楽曲をリリースしています。
つまりこの頃から笠置シズ子も大阪松竹歌劇の看板になりつつあった、と考えて間違いないでしょう。

しかし笠置シズ子が大阪松竹歌劇の看板だった期間は意外と短く、1938年には東京で旗揚げされた男女混成の松竹樂劇団に参加しています。
ここでの圧倒的なパフォーマンスで、スタァの座に駆け上がる様子は瀬川昌久著「ジャズで踊って」に活写されていますが、何だかまるで、今の大阪の芸人みたいな「双六の進み方」ですよね。

よく大阪の芸人は二度売れなければならない、といいます。一度大阪で爆発的な人気を得て、それを足がかりに東京に進出する。そして東京でまた一から人気の獲得をしなきゃいけない。
笠置シズ子も同様で、大阪で認められる→東京に進出→東京でも認められる、というステップを踏んでいる。この辺が大阪といえど「所詮ローカルでの出来事」になってしまう悲しさです。

1940年になってようやく二枚目のレコード「ラッパと娘」をリリースしますが、最初の「恋のステップ」から6年の空白がある。どうしてもこの空白期間を訝しく思いがちですが、それこそ「恋のステップ」が所詮ローカルでの人気者のレコードデビューというイレギュラーなものだとすれば(よく聴くと「恋のステップ」は大阪松竹歌劇としてのレコードで、三笠静子こと笠置シズ子はメインヴォーカルくらいの感じです)、6年の空白も、1940年という時期にようやく二枚目がリリースされたことも、まァ妥当なんじゃないかと。

それにしても1940年というと時局臭が強くなってくる時期で、笠置シズ子という人の個性を考えたら最悪といっていい。
笠置シズ子の持つジャズのフィーリングを活かした楽曲リリースは「ラッパと娘」「セントルイスブルース」「センチメンタルダイナ」「ペニィセレナーデ」あたりで止まります。
この後リリースした「美しのアルゼンチナ」や「アイレ可愛や」はたしかに佳曲だし、時局に迎合したとまでは言えないけど、国賊視逃れの一面があることは否めない。
もちろんそれはしょうがないのですよ。戦時下でも食べていかなきゃいけないんだし。でも後年の目で見ると、戦前モダニズムっつーか戦前ジャズの最高到達点に行ける可能性があったのに、あまりにももったいないなぁ、と。当然舞台上では成し遂げたのかもしれないけど、それは今となっては、わからないことだから、ね。

笠置シズ子の舞台での激しいパフォーマンスは戦後(1952年)になって作られた「生き残った弁天様」という映画で偲ぶことができます。
この映画はメディア化されたことがないので知名度はまったくありませんが、いわゆるバックステージ物で、ステージで華麗に歌い踊る笠置とバックステージでの事件が交互に表れるのですが、このふたつが一切噛み合ってなくて、正直映画としては非常につまらない。
それでもステージでの笠置が、それも一曲だけではなく何曲も観られるってのは本当に貴重なんですがね。

そうはいっても「生き残った弁天様」は、自らが限界を感じて歌手(というよりレビュータレント)を辞めてしまう数年前の映画で、良くも悪くも完成されすぎている。つまり荒削りなパワーが、ない。
となると結局、戦前のパフォーマンスは「ジャズで踊って」という本でしかわからない。レコードはあくまで「歌」だけでダンスや動きはわからないからね。かといって映画も出てないし。
つまるところ、戦前の笠置シズ子もタアキイ同様偲べない、となるわけで。
広告を非表示にする