~これでも仕事用です~

非凡テレビスター全集!2

f:id:gumiyoshinobu:20160701160811p:image

表紙と裏表紙の話をだけで終わってしまいましたが、以前「平凡テレビスター全集」という1962年に発行された雑誌について記したことがありました。
今回はその時の続きです。

全集、というのはチト言い過ぎなこの雑誌、いや正確には雑誌の「付録」ですからね。全集と銘打てるほど詳細なことが書いているわけではありません。
それでも当時のテレビ番組のオフショットが満載で、リアルタイムでないと出来ない「作り」にはなっています。
その中から印象的なものを紹介していきます。

f:id:gumiyoshinobu:20160701160847j:image
ジェスチャー
柳家金語楼と「タアキイ」こと水の江瀧子は「戦前モダニズム」のカテゴリで何度も出てきた名前ですが、1960年代に入ると両名とも完全なテレビタレントになっており、中でもテレビジョン放送開始の1953年に始まったNHKの「ジェスチャー」では番組の顔として活躍していました。
実生活では気難しいことで有名だった金語楼ですが、この写真ではお得意の顔芸を披露しています。


f:id:gumiyoshinobu:20160701160916j:image
「シャボン玉ミコちゃん」
マエタケこと前田武彦が脚本を書いていた、別にテレビ史に残るほどでもない軽いバラエティドラマです。
しかし後に作家になる小林信彦も台本を手がけており、彼がいろいろと書き残しているので、たいした番組でなかったわりには知名度はあります。

ミコちゃんとは、これまた以前詳しめに書いた弘田三枝子。本には彼女が歌った主題歌の歌詞も掲載されています。
これはさすがに知らなかった。たぶんレコード化されてないはずです。


「若い季節」
これも「シャボン玉ミコちゃん」同様のバラエティドラマですが、こっちは伝説的なヒット番組で、1時間(実際は45分)という超大型の生放送でした。
ここで若干の説明が必要になります。
たった1時間で超大型って、と思われるかもしれませんが、当時は30分番組が基本で、スポーツ中継や映画を除くほぼすべての番組、ドラマもバラエティも30分番組(もしくはそれ以下)だったのです。

しかしこれ、YouTubeなどの短い動画に慣れた今の人たちの方が、30分や15分刻みのタイムテーブルが合ってるかもしれません。
今は長いもんね。2時間とか3時間の番組なんて当たり前だし。番組内容的にどっちが上かはさておき、一番組あたりの放送時間は今の人の実情にあってないような。

あ、もうひとつ、生放送で、しかもドラマってのはちょっと考えずらいかもしれないけど、この頃は結構あったんです。
この辺の話はまた今度。


f:id:gumiyoshinobu:20160701160954j:image
てなもんや三度笠
俺がこんなに強いのも、といえば自然と「当たり前田のクラッカー」と言ってしまわれる方は、もうそんなにいないか。昭和は遠くなりにけり。ま、ワタシもぜんぜん世代じゃないんだけど。

前田のクラッカーは今も発売されていますが、パッケージにはちゃんと「当たり前田の」という文字が印刷されています。
余談ですが、藤田まことは結構後々まで前田のクラッカーのラジオCMに出演していましたが、ギャラが払えず、毎年クラッカーが大量に送りつけられてくる、と藤田まことがボヤいていたことを思い出します。

f:id:gumiyoshinobu:20160701161022j:image
「スチャラカ社員」
沢田隆治演出、香川登志緒脚本という「てなもんや」コンビで作られたもう一本。
関係なさすぎるけど、「スチャラカ」と「スーダラ節」(植木等)の「スーダラ」とラッパーを合体させたユニット名が、ジャパニーズヒップホップの大御所・スチャダラパーの名前の由来です。


f:id:gumiyoshinobu:20160701161042j:image
外国ドラマいろいろ
日本の番組だけじゃなくて、当時は今よりさらにメインストリームだった外国製ドラマの紹介もなされています。
それにしてもちゃんと吹き替え声優まで紹介されてるんだから、当時としてはかなりマニアックですね。



さあて、今まで載せた画像を、ほんの少し丹念に見ていただきたい。
よーく見ると、モザイクが入ってるのがわかると思います。元の画像の解像度がたいしたことがないので、別にモザイクかけなくても文字の判読は出来ないとは思うのですが。
これは最初からではなく、もちろんワタシが自主的にモザイクを入れたのですが、何故こんなことをしたのか?

本には番組の紹介だけではなく、ごく簡単な出演者のプロフィールが載っています。
人によって掲載項目に多少のばらつきはありますが、本名や生年月日、そして経歴と並んで、何と「住所」が掲載されているのです。
住所は所属プロダクションのものではなく(一部所属プロダクションのものもありますが)、紛れもなく「寝起きする場所」、つまり自宅の住所です。

そんな馬鹿な!と思われる方もおられるかもしれません。
さすがに「個人情報ガー」という時代ではないにしろ、もしファンが押し寄せてきたらどうなるんだと。しかもこの本の発行は1962年。ということは美空ひばり鶴田浩二の事件の「後」なんですな。

しかし当時はこれが普通で、みなさん自宅の住所を公にしていたのです。これは芸能人だけに限らず、漫画家なども雑誌の「肩」に「ファンレターを出そう」みたいな文言と一緒に、やっぱり自宅の住所が掲載されていたのです。

こういうことがいつくらいからなくなったのか、それは調査していませんが、おそらく1980年代に入った頃にはなくなっていたと思います。
今の芸能人で、住所が公然の秘密状態なのはオードリーの春日くらいでしょうね。

この本にはタレント名鑑みたいなものも載っており、それらにも当然のように自宅の住所が掲載されています。
ま、その辺はモザイクをかけつつ(さすがに1962年当時と同じ場所に今でも住んで、しかもご健在でご活躍されている芸能人はほとんど皆無とは思うけど、ま、モラルとしてモザイクを入れます)、今後また紹介していきます。

広告を非表示にする